くりっく365 税金

くりっく365の税金の優遇とは

 FXの税金は、一般的には、雑所得による累進課税となります。雑所得は20万円以下は非課税なので、年間の利益が20万円以下の場合は課税の対象ではありません。
 20万円を超えた場合、FXの税金は課税所得金額に応じて最高50%まで税率が変わります。
くりっく365の税率は申告分離課税の一律20%、所得が大きくなればなるほどメリットがでてきます。
 課税所得金額、課税の対象となる所得の金額。サラリーマンなど給与所得者の場合は、給与から給与所得控除額を引いた金額となり、いわゆる年収や手取り額とは異なります。
 給与所得控除額については下記の表の通りです。
 一般的に年収400万円以上なら、FXで100万万円の利益を上げると、400万-(400X30%+18万)+100万(FXの利益)=362万円で、雑所得の場合の税率が30%を超えるので、くりっく365のメリットが出てくるわけです。

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の金額)
給与所得控除額
180万円以下収入金額×40%(65万円以下の場合は65万円)
180~360万円収入金額×30%+18万円
360~660万円収入金額×20%+54万円
660~1000万円収入金額×10%+120万円
1000万円~収入金額×5%+170万円

課税所得金額ごとの税額のシュミレーション

下記は、課税所得金額の区分ごとにFXで年間100万円の利益を上げた場合のシュミレーションです。くりっく365の税率は20%なので、どの区分においても税額は20万円になります。
 見れば分かることですが、課税所得金額が330万円以上になるかどうかが分岐点になります。 

課税所得金額 税率 非くりっく365の税額 くりっく365の税額 トクする額
195万円以下 15% 15万円 20万円 -5万円
195~330万円以下 20% 20万円 20万円 -
330~695万円以下 30% 30万円 20万円 +10万円
695~900万円以下 33% 33万円 20万円 +13万円
900~1800万円以下 43% 43万円 20万円 +23万円
1800万円~ 50% 50万円 20万円 +30万円

損益通算、3年間の損失の繰越控除もあります。

 くりっく365の税金上のメリットは、税率だけではありません。
 まず、所得税の計算をする場合、他の取引所での先物取引(金先物、TOPIXなどの証券先物)と損益通算をすることができます。どちらかで損失が出ていた場合、一方の利益からその損失を差し引きすることで節税ができます。

 もう一つが3年間の損失の繰越控除で、今年損失が出て、損益通算できないような金額だった場合、最長3年間繰り越すこして、将来の利益と相殺することができる制度です。
 例えば、1年目100万円の損を出して、2年目に50万円儲かった場合、通常なら50万円に税金がかかりますが、1年目の100万の損があるので、それと相殺して、税金をゼロにすることができます。そして、3年目に100万円儲かった場合、通常なら、100万円に税率がかかるところが、1年目の引き切れていない損失の50万円を差し引いて、50万円分のみの税金がを払うだけでいいんです。
 非くりっく365の場合は、利益を上げればすべてもっていかれるだけに、これも大きなメリットの一つです。

おすすめの証券会社ランキング

クリック証券
GMOクリック証券
通常手数料が52円と最安。現状一番安い手数料で取引できる証券会社です。
岡三証券
岡三オンライン証券
iphoneだけでなくandroidでも使える。キャンペーンで手数料無料
サイバーエージェントFX
サイバーエージェントFX
iphoneアプリ「iphone Cymo 365」をリリース、最大2万3千円のキャッシュバック