くりっく365 メリット

くりっく365のメリットは大きく3つ

くりっく365 くりっく365のメリットは、次の3つです。
1.税金の優遇が受けられる
2.有利な価格で取引ができる
3.取引所が間に入ることで安心である

 一般的には、税金の優遇のみを語られることが多いのですが、2および3のメリットも重要。
2は、FX取引を実際に行っている人が感じたことがあるかもしれない「注文がすべる」「レートずらし」を排除できる取引所取引ならではのメリット。3も、投資した証拠金を保護する大事な制度です。

税金の優遇が受けられる

 FXの税金は、雑所得による累進課税となります。雑所得は20万円以下は非課税なので、年間の利益が20万円以下の場合は課税の対象ではありません。
 ただ、20万円を超えた場合は、下記の表にように年収に応じて、最高50%まで税率が変わります。くりっく365の税率は申告分離課税の一律20%、所得が大きくなればなるほどメリットがでてきます。

 例えば、年収500万円のサラリーマンが、FXで年間の100万円の利益を上げた場合は、課税所得金額 3,460,000+1,000,000=4460,000で税率が30%となり、通常の場合、FXの税金は30万円ですが、くりっく365だと20万円で済み、10万円トクします。
 申告分離課税なので、確定申告をする必要はありませんし、損を出した場合3年間の損失の繰り越しや、損益通算できるメリットもあります。

有利な価格で取引ができる

 通常のFX取引を店頭取引といいますが、店頭取引では、FX会社が取引に関するレートを決定するので、スプレッド1pipsの業者であっても、システム上の問題などで実際は2pipsで約定するなど、スリップレートを起こす可能性を否定できません。
 この点、くりっく365の場合は、取引所にて、複数のマーケットメーカーが提示したレートのうち最も良いレートを選ぶシステムのため、店頭取引のような不利な状況が出る可能性が少なり、「スリップレート」「注文がすべる」といったことが起りにくくなります。当然、「レートずらし」もできない制度です。

取引所が間に入ることで安心である

 まず、くりっく365で取引を行うためには、資本金3億円以上などの要件があり、体力のある証券会社でないと参加することができません。
 また、投資した資金についても、FX会社が管理するのではなく、取引所が管理、リスクも取引所が負います。仮に参加する会社が倒産した場合には、手続きは必要になりますが、他の会社に振り替えることも可能です。
 最近、業務停止や倒産するFX会社も出てきましたが、破たんリスクがなくなることもメリットになります。

おすすめの証券会社ランキング

クリック証券
クリック証券
通常手数料が52円と最安。現状一番安い手数料で取引できる証券会社です。
岡三証券
岡三オンライン証券
iphoneだけでなくandroidでも使える。キャンペーンで手数料無料
サイバーエージェントFX
サイバーエージェントFX
iphoneアプリ「iphone Cymo 365」をリリース、最大2万3千円のキャッシュバック